イソシギとハクセキレイ

海岸に行くと2羽の鳥が居た。

普通種だが鳥枯れのこの時期 贅沢は敵だ(笑)

イソシギ

磯よりも河原や湖沼などの淡水域で見られることが 多い鳥

雌雄同色で、頭部から背面、尾まで地味な褐色ですが、

腹部の鮮やかな白斑が翼を取り巻くように首元まで食い込んでいるのが特徴で、

ここに注目すれば、容易に他の鴫類と見分けることができます。

d0360910_17113981.jpg

d0360910_17114795.jpg


ハクセキレイ

顔は白色で、目を通る黒い「過眼線」が特徴的です。

ハクセキレイはその下が真っ白になっていますが、同じセキレイ科の「セグロセキレイ」は頬も黒色をしています。


[PR]
Commented by itohnori2 at 2017-08-02 16:12
こんにちは。
 いつもイイネをありがとうございます。
イソシギを見る機会がないので、皆さんの写真から想像して、もっと大きな鳥と思っていました。
ハクセキレイとほぼ同じ大きさなのですね。
勉強になりました。
Commented by mugenjunjun123123 at 2017-08-02 19:39
> itohnori2さん
こんばんは。
いつも楽しみにさせて頂いています。
イソシギももっと綺麗に撮ってやれば良かったと反省です。
またお邪魔させていただきますので宜しくです。
by mugenjunjun123123 | 2017-08-02 05:00 | イソシギ | Comments(2)