ブログトップ

なんでもブログ

なんでも紹介するブログです。本来は鳥さん主体のブログですが特にテーマとかありません。


by JUNJUN
プロフィールを見る

蔵出しシリーズ~山翡翠


探鳥会等に行くとよく「ヤマセミはどこに居ますか?」と聞かれます。

ヤマセミのポイントは人に聞かずに双眼鏡片手に川沿いを探しましょう!

 主に早朝の時間帯が一番探しやすいです。

ひたすら地図とにらめっこして、たまにはGPSも駆使しながら地道に探します。

山間部の道路は川に沿って通っている事もありますので車で探せればラッキーです。

コツは

◎人の往来が比較的少ない場所

◎釣りしたら釣れそう…って感じの川。

◎川の両岸が人が入り込むのが難しい状況。

◎止まりやすそうな流木・岩がある。

思ったより山間部には居ません、比較的人里にに近く水量と魚影の濃い川です。

そして、見つかったら『まず観察』です。

ヤマセミに嫌がられない距離から観察スタートです 。

ヤマセミを発見して、『さぁ撮るぞ~!』っていきなり近づいたら逃げてしまいますし、

最悪そこだけ飛行ルートから外されてしまいます。 そうしたら今までの苦労が水の泡…。

ポイントに通えるだけ通って、飛行ルートや時間等を記録します。

行動パターンが読めてきたらいよいよ撮影ポイントの選定です。

ここまで観察すれば『ここに止まる』『ここが狩場』等わかっていますよね??

そしたらいよいよ『ブラインド』の設営です。

朝、真っ暗なうちに設営を済せます。

ヤマセミまでの距離感や撮影のしやすさ等、考慮しながら設営します。

露出を必ずマイナスに振って撮影しましょう。 

以外に白いので簡単に白トビします。 -1.3EV~-2.0EVで丁度いいはずです。

ISOオートで露出補正ができるカメラの場合、

そのように設定しておけばいきなりホバリング始めてもSSを下げられますから便利です。

d0360910_16373801.jpg
d0360910_16373101.jpg
d0360910_16372418.jpg
d0360910_16371700.jpg
d0360910_16370992.jpg


[PR]
by mugenjunjun123123 | 2018-05-31 06:00 | ヤマセミ